輝けるいわてのお仕事、ご案内します いわて職ナビ

新しい医療介護の事業モデルを作り
被災地の復興に貢献できる企業へ

東日本大震災直後に設立し、医療介護サービスの提供を通して被災地の人を健康にし、一人でも多く雇用を増やすことを理念に事業を行っています。2011年8月に陸前高田市に薬局を開設し、翌年には被災地復興特区第一号として、療法士だけでサービスを行う日本初の単独型訪問リハビリテーション施設を開設。2016年からは陸前高田市の玉乃湯を運営し、温泉・食事・運動を組み合わせた事業をスタート。このノウハウを生かし、市内の大型商業施設「アバッセたかた」内に日本初のリハビリ特化型デイサービス&フィットネスも開設しました。ここから日本の先進的な事業モデルを創り出し、地域への誇りと夢を描ける社会づくりに貢献したいと考えています。

代表者からのメッセージ代表者からのメッセージ

代表取締役社長
富山 泰庸 さん

当社の原点は東日本大震災直後に立ち上げた災害支援ボランティア団体です。福島から岩手まであまねく支援活動を行うなかで医療介護のニーズを知り、薬局の開設を決意しました。すると物資とともに志のある医療従事者が全国から集まってきて、気仙地域ではじめての訪問投薬を行ったほか、仮設住宅での健康悪化を防ぐべく療法士がリハビリの訪問活動を始めました。これを復興特区を活用して事業化。療法士だけで訪問リハビリを行う会社の先駆けとなりました。「アバッセたかた」内にあるデイサービスとフィットネスジムの一体型施設では、療法士というスペシャリストが高齢者、健常者問わず体づくりを指導しています。社名に込めた「Liberate your Own Talents(LOTS)」のように、一人ひとりの才能を開花させたい。新しい日本社会のモデルをここ気仙地域から発信していきましょう。

わが社のPRポイント

  1. 地域ニーズに則した
    医療介護サービスを展開
  2. 日本初!既存の枠組みを
    越える事業モデル
  3. 被災地の復興に
    医療介護分野から貢献できる

わが社が求める人材

被災地での支援活動をはじめた当初から活動の原点は「患者さんのため」であり、一人ひとりの言葉に耳を傾けてきました。求めているのは我々と同様に被災地に「心」を寄せてくれる人。柔軟な発想を持ち、社会課題解決に対して興味があって、被災地復興に共感して人を喜ばせたい方です。薬剤師には調剤のみならず人々の生活向上にも関わる仕事があり、療法士なら今までにない形でのリハビリ事業に関わる醍醐味があります。既存の枠組みを越える我々の試みに、力を貸してください。

従業員インタビュー従業員インタビュー

  • 勤続年数3年
  • 理学療法士
  • 草別拓郎さん
現在はどんな仕事を担当していますか?
陸前高田市のリハビリ特化型デイサービス&フィットネス「リボーン」の統括マネージャーをしています。ここは運動に特化したリハビリで生活レベルや運動機能の向上を促し、利用者さんに良くなってもらうのが目標。オープン1年ですが利用者は増えています。
この会社で働こうと思った理由はなんですか?
秋田のクリニックに勤務しているときに震災が起き、何か復興の役に立ちたいと思ったんです。震災後に運動する場所が失われた地域へ事業所を作るという当社の理念にも魅力を感じましたし、単独型リハビリステーションという事業モデルも興味がありました。
この仕事をやっていて嬉しかったことは?
「リボーン」の掲げる目標は、来ることではなく「卒業」すること。ここを通過点に、自分のやりたいことをやれるようになるお手伝いをしています。閉じこもり気味だった利用者さんがリハビリで回復して「東京へ行ってきた」と報告してくれた時は嬉しかったです。
会社の雰囲気は?
みんな会社の理念に共感してやってきているから、一緒に会社を創り上げていこうという活気に溢れていますね。ここは大きな組織と違い、自分から動かなくちゃ得るものはありませんから、いい意味で責任感の大きさも感じています。療法士としての職域も広げられる環境だと思っています。
  • 勤続年数7年
  • 薬剤師
  • 名古屋茜さん
あなたがこの会社を選んだ理由はなんですか?
震災後、仲間と初めて被災地に入ったのが3月21日で、あまりにも酷い状態に「ここは本当に日本?」と思うこともありました。このなかで薬剤師として何ができるかを考えていた時、富山社長が会社設立に立ち上がり、私も被災地の役に立ちたいと入社しました。
薬剤師のお仕事について教えてください。
小児病院があるため子供の患者さんが多く、大人と違い体重や年齢に合わせて調剤する必要があります。また、その薬が本当に合っているかを確かめるため親御さんに症状を聞き、先生に問い合わせをすることも。患者さんが安心して服用できるように気を配ります。
被災地での薬局勤務、周囲の環境はいかがですか?
子供たちが似顔絵を書いてくれたり、お花を摘んできてくれたり。お母さんたちともすっかり顔見知りです。当社は社長をはじめスタッフの出身地はバラバラだけど、みんなプロ意識を持って仕事をしています。定期的にミーティングもあり、交流の機会も多いんです。
東京出身の名古屋さん、岩手での暮らしはどう?
岩手で暮らすようになって自動車免許を取得しました。岩手はただ車を走らせるだけでも景色が楽しめますし、温泉が大好きなので紅葉を見がてら八幡平へ行ったり。ここで仕事をしていなかったら訪れることもなかった東北各地を訪ね歩くのが楽しみなんです。
薬剤師としての夢について教えてください。
大事にしているのは、この方(患者)がどうなったら健康になるかを考える姿勢。生活習慣病などは薬を渡すだけでは直せないから、栄養学や運動療法、鍼灸やアロマなど、薬物療法だけではなく違ったアプローチができるようなお手伝いをしたいと考えています。

ロッツ株式会社

業種
サービス業
業務内容
調剤薬局、訪問リハビリステーション、温浴宿泊施設、デイサービス など
設立
平成23年8月
資本金
400万円
代表者
代表取締役社長 富山 泰庸
従業員数
24人
所在地

とうごう薬局
岩手県大船渡市猪川町字前田9-28
TEL:0192-47-3982

リボーン

リボーン
岩手県陸前高田市高田町館の沖1 アバッセたかた内
TEL:0192-22-7917

WEBサイト
http://lots.co.jp/


とうごう薬局


リボーン