輝けるいわての企業を、ご案内します 職ナビいわて

ページトップへ戻る

ワイヤーハーネスに特化して30年
磨いた技術を礎に、さらなる発展へ

当社が製造しているワイヤーハーネスとは、電子・電気製品の血管・神経といわれる電線の束で、産業機器の重要な役割を担うものです。当社では部材調達から加工、検査、出荷まで一貫した生産ラインを確立し、通信端末等に使用される極細のハーネスから、極太の電源ケーブルまで幅広く製造。30年にわたり磨き続けた技術を生かして多様化・複雑化するニーズに対応するとともに多品種・少ロット生産を得意とし、お客様との信頼関係を築いてきました。今期からは各部署の連携を強化し、製造リードタイム短縮に取り組んでいます。常に挑戦する姿勢を信条に掲げ、自動化・機械化を推進し、海外展開も視野に入れた生産体制の構築を図っています。

代表者からのメッセージ代表者からのメッセージ

代表取締役社長
岩本 崇司 さん

ものづくりに対し愚直に取り組んできた当社は、適正な価格、高い品質、迅速な納期対応を実現することで、お客様とのお付き合いを広げてきました。その事業を支えているのは、高い意識で仕事に臨む一人ひとりの従業員です。当社で働くすべての人材の幸せを第一に考え、特に力を入れているのは福利厚生の充実。なかでも社内イベントは活発で、正月明けの餅つきから花見、バーベキュー、社員旅行など年間を通して親睦の機会を設け、職場のチームワークやモチベーションの向上に役立てています。当社は設立30周年を迎え、2017年10月、現会長に代わり、私が2代目社長に就任しました。会社を存続、発展させていくことが、私の使命です。従業員がやりがいを持って働ける職場環境をつくり、また、感動を生む技術とサービスをお客様に提供し、100年続く会社を目指します。

わが社のPRポイント

  1. 多品種小ロット生産を
    得意とし、信頼を獲得
  2. モチベーションを上げる
    職場環境づくりを推進
  3. 講話や勉強会を通じて
    気づきや学びが得られる

わが社が求める人材

各種工作機械を操作するマシンオペレーターと、資材の発注から製造ラインへの配膳まで行う生産管理を募集していますが、業務に必要な技能は現場で丁寧に指導しますし、資格の有無も問いません。何より重視しているのは、やる気です。当社では社員教育の一環として、会社と関わりのある各界の関係者を講師に招いての講話や勉強会を積極的に企画しています。仕事を通じて気づきや学びを得て、自分を成長させること、視野を広げることに喜びを感じられる方を求めています。

従業員インタビュー従業員インタビュー

  • 勤続年数2年
  • 生産管理課
  • 山崎実穂さん
あなたがこの会社を選んだ理由はなんですか?
実家は軽米町ですが、大野高校の卓球部で活動し、洋野町にはいろいろ支援していただきました。その感謝の思いから洋野町での就職を決意し、自分の希望職種である事務職を募集していた岩本電機に入社しました。
現在の仕事内容について教えてください。
現場で加工に使う部材の入出庫の管理をし、現場に届ける仕事をしています。最近では自分が窓口を担当する取引先企業も割り当てられ、責任の重さを感じる一方で、自分の成長を実感し、誇らしい気持ちにもなります。
この会社のいいところは?
工程ごとにいろいろな部署に分かれて仕事をしていますが、仕事が立て込んでいる部署があると、違う部署の人であっても応援に入るなど、みんなで協力しあって仕事をしようという雰囲気があるのはいいなと思います。
仕事以外で洋野町との関わりはありますか?
会長の勧めで週2回、種市高校卓球部の指導をするため練習に参加しています。指導といっても試合形式の練習中に少しアドバイスする程度なのですが、新人戦の久慈地区大会で勝ったと聞きうれしかったです。
休日はどのように過ごしていますか?
絵を描くのが趣味です。友達とドライブや映画、カラオケに行くこともあります。行きたいところがあれば遠出もします。母校の卓球部を応援するため一関に行ったり、滝を見に秋田に行ったりしたこともあるんですよ。

株式会社岩本電機

業種
製造業
業務内容
民生機器・情報通信機器・産業用機器・車載用機器分野におけるワイヤーハーネス及び機構部品の製造販売
設立
昭和63年9月
資本金
3,000万円
代表者
代表取締役社長 岩本 崇司
従業員数
36人
所在地
岩手県九戸郡洋野町種市13-41-25
電話
0194-65-3930
WEBサイト
http://www.iwamotodenki.co.jp/