輝けるいわての企業を、ご案内します 職ナビいわて

ページトップへ戻る

公共工事から民間需要まで、
岩手に「光」を灯す電気のスペシャリスト

終戦直後、岩手県民の生活を支えるために創業した当社はその後の高度成長のなか事業を拡大してきました。以来70年、電気工事事業者として手がけたのは公共施設や病院、大学をはじめビルや橋梁・道路照明などあらゆる分野に及びます。盛岡さんさ踊りの照明や、開運橋ライトアップも当社の仕事です。また昭和45年の岩手国体開催時には電気工事業者として全国初のテレビコマーシャルを制作、CMソングとともに地名度を一気に高めました。今後、エネルギー分野において電気の需要はますます高まるとともに高度化が進むでしょう。地域に根ざし、あらゆるニーズに応えられる電気工事会社となるべく、技術向上につとめていきます。

代表者からのメッセージ代表者からのメッセージ

代表取締役
平野喜英さん

戦後すぐに創業した弊社は、時代にあわせて様々な電気設備工事をお客様に提供してきました。電気設備工事・電気通信設備工事・光通信設備工事の3分野で学校や病院などの官公庁工事、大型商業ビルやホテル、さらに一般住宅まであらゆる電気工事を手がけてきました。北東北最大の建物である岩手医科大学の電気設備工事や簗川ダムなど、我々の仕事はまさに岩手の暮らしに深く関わるものであることがわかるでしょう。震災復興工事など、活躍のフィールドは広がっています。電気工事はどれひとつ取っても同じ現場はなく、工場のラインのような単純な仕事もありません。毎日変わる仕事内容はやりがいが大きくチャレンジする人材にとって魅力的です。社員の成長と幸福のため、電気技術者を育てる支援は惜しみません。またIT 化、DX、社内の情報の見える化に非常に力をいれており、社員の働きやすさを追求しています。

わが社のPRポイント

  1. 創業70年、公共から民間まで
    電気工事の実績
  2. 社員の働きやすさを追求。
    先進的IT化の取組み。
  3. テレビコマーシャルで
    全国区の知名度を誇る

わが社が求める人材

求めているのは将来の当社を支える幹部候補。これまでも当社では若手やIターン者などの人材を積極的に採用、技術者を育成してきました。具体的には実際の現場で電気工事を体験したのち、工務で設計や現場管理の流れなどを学びます。電気関連の資格や知識があればベストですが、実際の現場での学びはそれ以上に大きいです。その上で営業としてお客様との折衝や経営に関わるスキルを会得します。色々なことを学び、ステップアップに繋げることのできる意欲ある人を待っています。

従業員インタビュー従業員インタビュー

  • 勤続年数7年
  • 工務部
  • 髙橋優太さん
あなたがこの会社を選んだ理由はなんですか?
父が建設関係の仕事をしていて電気系に興味を持ち、短大で電気技術を学びました。当社は岩手県では一番有名な電気工事会社で工事内容も公共から一般工事と幅広いし、誰もが知っている企業で働きながら、技術者として会社とともに成長していこうと思いました。
現在はどんな仕事をしていますか?
1年間の現場経験ののち工務に配属され、現場の取りまとめを担当。お客様との直接のやりとりから施工図・設計図の作成もしますし大型工事では現場に常駐することもあります。お客様のイメージに近づけながら、作業員にも思いやりの心を持って接しています。
印象深い仕事はありますか?
震災後に入社して、復興支援で三陸沿岸の病院を担当したことが忘れられませんね。街が失われ家族や仲間を亡くしながらも頑張っている人々を見て切なくなりながらも、少しでもお客様の役に立てれば、復興の助けになればと思いながら仕事に取り組みました。
仕事でやりがいを感じる瞬間は。
建築物の工事が終了しお客様に引き渡した時の嬉しそうな表情や、点灯試験で一斉に電気が点いた時です。どんなに大変なことがあっても、一気に苦労が吹き飛びます。電気は私たちの暮らしに必要不可欠なもの、そんな電気を取り扱う仕事をしていることが誇りです。
会社の雰囲気について教えてください。
20代から50代まで色々な社員がいますが和気あいあい、活気がありますね。仕事は皆真剣で、お互いに切磋琢磨しあえる環境です。社長も気さくで現場にもしょっちゅう顔を出してくださいますし。知名度と歴史ある会社で働いている喜びとプライドが原動力です。

岩舘電気株式会社

業種
電気工事業
業務内容
電気設備工事・通信設備工事・消防設備工事
設立
昭和28年2月
資本金
3,200万円
代表者
代表取締役会長 平野喜嗣
代表取締役社長 平野喜英
従業員数
72人
所在地
岩手県盛岡市長田町23-27
電話
019-651-6666
WEBサイト
http://www.iecc.jp