いわて産業振興センター

Google

品質管理中級講座

 品質管理と品質保証は奥の深い世界であり、加工の難易度、材質の問題、精度等刻々と変化するものづくり現場に対応して管理手法や検査手法も不断のレベルアップを図る必要があります。
 本セミナーでは、最新の品質管理の進め方や大手メーカーに対しても確実な品質保証ができるレベルの管理技法を指導します。

講師

(株)経営創研 豊田 順一 (とよた じゅんいち)
  • 昭和22年 東京生まれ
  • 昭和48年 東京工業大学大学院 制御工学科修士課程修了
  •      松下電器産業鞄社
  • 平成15年  竃セ電舎執行役員 (某工場工場長兼任)
  • 平成18年 明電ソフトウェア梶@代表取締役社長および会長
  • 現在は品質管理、電気設備を主体とした技術経営総合コンサルタントとして活躍中。

内容

□対  象/品質管理実務担当者、品質管理基礎講座修了者
□定  員/20名程度
□会  場/水沢地区センター
□住  所/奥州市水沢区字聖天85-2
□受講料/15,000円(賛助会員企業は12,000円)
     ※支払:研修終了後に納入通知書を送付します。
□持参品/筆記用具、定規、計算機
□その他/○全研修時間の3分の2以上の出席者に修了証書を交付します。
     ○服装は自由です。
     ○昼食休憩を1時間とります。

スケジュール

日程 ポイント テーマ・内容
7/26
(火)
10:00

17:00
品質管理の必要性
最新の考え方・技法
TQMの進め方
トラブル解決法と標準化
各種管理手法と検査手法
検査と品質保証
(1)最新の品質管理の考え方と進め方
 同業他社との差別化を図るための新しい品質管理手法(TQM)
(2)段階的なTQMの進め方
 課題達成型と問題解決型
(3)トラブル解決法と標準化
 特性要因図の作成と活用法
 標準化の具体的手法
 異常発見能力・目標達成能力の養成
(4)各種管理手法と検査手法
 工程能力図、管理図、パレート図、散布図、
 ヒストグラム、相関係数、多変量解析、
 新QC七つ道具
(5)品質保証の進め方
 受注先の信頼を得る品質保証の具体的方法
7/27
(水)
7/28
(木)
品質管理中級講座 受講申込フォーム

会社名
郵便番号  ※半角
住所
TEL  ※半角  FAX  ※半角
E-mail
※メールアドレスの入力は御自由です。
入力された場合は申込受付の通知をメールで差し上げます。
代表者
従業員数 名 ※半角 資本金 千円 ※半角
業種
ご担当者

受講者氏名 役職・担当業務 年齢 性別

*申込みを受け付けした方には、受講証を送付いたします。

(公財)いわて産業振興センターは、皆様からお預かりした個人情報を、
第三者に提供するなど、目的外に利用することはいたしません。


お問い合わせ先:産業支援グループ TEL 019-631-3823
E-mail
恐れ入りますが、タイプしてください

いわて産業振興センター
(C) Iwate Industry Promotion Center, 2014