いわて産業振興センター

Google
HOME > いわて希望ファンド・いわて農商工連携ファンド > いわて希望ファンド地域活性化支援事業

いわて希望ファンド地域活性化支援事業                        いわて希望ファンド最終公募です

起業・経営革新等の取組のソフト面を支援する事業です

※応募にあたっての注意事項(最初にお読みください)
注意
 応募要件に合致しているか、事前に内容確認しますので、必ず事前相談を行い、事前相談申し込みシート()を事務局に提出してください(お問い合わせ先は当ページ内にあります)。
 事前相談がない場合は、受付いたしかねます。
1.趣旨
 地域資源活用型産業、ものづくり産業及び中心市街地における起業、経営革新等の新事業活動を行う事業者等の支援を通じて、地域経済の活性化を図ることを目的とした「いわて希望ファンド」を組成しております。
 このファンドを活用し、(公財)いわて産業振興センター(以下「センター」という。)が助成金の交付と専門家を活用した助言等により中小企業等の積極的な取組みを総合的に支援します。
2.助成対象事業
(1) 起業・新事業活動支援事業
地域資源を活用した取組み又は起業・経営の革新に向けた取組み
⇒助成制度を利用できる方、利用できる事業、助成金対象となる経費等については「起業・新事業活動支援事業公募スキーム」をご覧ください。
(2) 中心市街地活性化支援事業
中心市街地や商店街の活性化に向けての革新的な取組み
⇒助成制度を利用できる方、利用できる事業、助成金対象となる経費等については「中心市街地活性化支援事業公募スキーム」をご覧ください。
(3) 支援機関による支援事業
中小企業者等が実施する起業・新事業活動を支援する支援機関の取組み
⇒助成制度を利用できる方、利用できる事業、助成金対象となる経費等については「支援機関による支援事業公募スキーム」をご覧ください。
※助成対象外の事業
  1. フランチャイズ・チェーンや代理店を開業する事業
  2. 介護保険法の適用を受けて行う、通所介護、訪問介護及び居宅介護支援などの事業
  3. 申請内容と同一の事業で、他の補助金の交付決定を受けた事業
  4. 公序良俗等の観点から支援対象とすることが適当でないと認められる事業
3.事業実施期間
事業開始から1年間
4.公募手続き
(1) 公募期間
小規模枠 平成28年6月27日(月)〜7月19日(火)【17時必着】      小規模事業者枠以外平成28年6月27日(月)〜7月25日(月)【17時必着】
(3) 応募書類提出先及び問合せ先
〒020-0857 盛岡市北飯岡2-4-26
公益財団法人いわて産業振興センター  産業支援グループ
TEL:019-631-3824 FAX:019-631-3830
Email:joho @ joho-iwate.or.jp 
及び「第26回いわて希望ファンド地域活性化支援事業公募要領」をよくお読みになって要望書を作成してください。
ア)要望書(様式1、別紙1〜3)
1.様式1(助成金交付要望書)
2.別紙1
3.別紙2の1〜3
4.別紙2の4
5.別紙3の1
6.別紙3の2
イ)中心市街地事業の要望者のみ
参考資料1(地元商工団体との連携について)
ウ)許認可等が必要な事業を実施する場合
事業に必要な許認可等の取得が確認できるもの又は取得が見込まれることを証するもの
エ)既に創業したもののみ(法人及び個人事業者)
決算書(直近3期分)【貸借対照表・損益計算書・販売費及び一般管理費の計算内訳・製造原価報告書】
(決算書がない場合)納税を証明する書類
オ)法人のみ
1.商業登記簿謄本(3ヶ月以内のもの)
2.定款の写し
カ)個人事業者のみ
住民票(抄本)
キ)その他(あれば提出のこと)
1.申請者の概要がわかるもの(会社案内、パンフレット等)
2.事業計画を説明する為に必要な資料
応募用件に合致しているか、事前に内容確認しますので、必ず事前相談を受け、期限内に提出願います。「いわて希望ファンド地域活性化支援事業助成金交付要領」
(2) 提出書類及び添付書類:1部、提出してください。
5.支援対象企業の選定
 提出書類に基づきセンターが書面審査あるいは現地調査を行い、外部専門家で構成する「いわて希望ファンド事業審査委員会」で審査を行い決定します。
 なお、審査委員会では経営者の面談(ヒアリング)を実施します。

過去3回審査採択実績
6.事業実施上の留意事項
  1. 本助成事業は、国や県、金融機関等の財源をファンド組成のうえ、事業者に運用益の一部を間接助成するものです。したがって、事業内容について、国や県等による検査・調査の対象となる場合があります。
  2. 助成金の支払いは、助成事業終了後の精算払いが原則になります。
  3. 助成事業者においては、助成事業の完了後も一定期間、事業評価に係る報告等が必要になります。
7.事業計画実現のためのソフト支援
 採択企業等に対しては、事業計画の円滑な実施を図るため、センターが中心となって外部の専門家等を活用して必要に応じて次の助言等を行います。
 具体的な支援内容については、採択後、ヒアリングを行ったうえで決定します。
  1. 経営分析に関する支援(経営課題整理)
  2. 経営戦略・戦術構築に関する支援
  3. 資金調達に関する支援
  4. 特許、法律等の専門知識の提供に関する支援
  5. その他企業成長のための支援
8.スケジュール
 本事業については、毎年2回程度の公募を予定しておりますので企業等の決算時期や事業計画の進捗状況に合わせて、時期を選択しての応募が可能です。
 事業実施期間は応募時期に関わらず交付決定日から12ヶ月間確保できます。
9.その他
  1. 提出書類は、支援先の選定のみに使用し、他の目的には使用しません。
  2. 提出書類は、審査結果に関わらず返却しません。
  3. 本事業の支援対象企業に選定され支援を開始した場合には、企業名、代表者名、所在地を公表します。
    また、支援の概要を公表する場合があります。
  4. その他、この助成事業の実施は「いわて希望ファンド地域活性化支援事業助成金交付要領」に定めるところによります。
【ご確認ください】
いわて希望ファンド地域活性化支援事業助成金交付要領
   いわて希望ファンド地域活性化支援事業公募要領

お問い合わせ先:産業支援グループ TEL 019-631-3824
E-mail 恐れ入りますが、タイプしてください

いわて産業振興センター
(C) Iwate Industry Promotion Center, 2014